リベカ アップデート(M.I.海外留学情報)

2017.05.19

〜M.I★留学豆知識〜③

ホームステイ先のお土産ってどうすればいいのかな?
これは出発前の方からよくいただくご質問の1つで、多くの方にとっても想像しにくい素朴な疑問ではないでしょうか。

ホストファミリーへの「おみやげ」は日本で一般的な「手土産」のようにかしこまった形にする必要はなく、ちょっときれいなお菓子だったりいろいろな用途で使えそうな和風の小物だったり、自分が好きで説明できるものを選びぶことをお勧めします。




他の日本人留学生が持って来ていて重なっても使えそう、口に合わなければ自分が喜んで食べられる、そして何より、自分がそれをきっかけに話せることがを基準に考えましょう。
「ご挨拶のための形」ではなく「会話のネタ」であれば、自分の身近にあるちょっとした風景の中にも、きっと素敵なおみやげが隠れています。(他にも家族や友達、身近な風景の写真も用意しておきましょう

特に注意するとすれば、縦書きのメモや便せんを避けること、食物アレルギーや検疫に気をつけること、でしょうか。
食物アレルギーはいろいろありますから、お菓子やおせんべいでも原材料の英語を調べておくと良いでしょう。
特にアメリカは検疫が厳しく、スナック菓子でもお肉系の原材料が入っていれば、だしや風味付けだけでも没収されてしまいます。(ビーフ、ポーク、チキンといったカタカナだけでなく、税関の係員は「鶏肉」という漢字もちゃんとチェックします!)

日本では珍しくないことでも海外では珍しい、というものはあちこちにありますが、実際に日本を離れてみないとそれが何なのか理解することはなかなか難しく、そんな違いに気付けることも海外留学の収穫の1つかもしれません。
疑問や戸惑いをたくさん体験できるのも初めての海外ならではのこと。活きた英語にプラスして楽しんできてくださいね

トラックバック

トラックバックURL:

Copyright (C) M.I.海外留学 All Rights Reserved.